F+(エフプラス)コラム「今年もQS6000がやってくる」 | サーフィンニュース BCM

TOPNEWS > コラム特集
NEWS / BCMサーフィンニュース

コラム特集

F+(エフプラス)コラム「今年もQS6000がやってくる」

Text by つのだゆき / Photo by snowy

地球の反対側のブラジルでは、ジョンジョン、フィリッペがラウンド3で敗退という波乱が起きているけど、日本では来週からスタートする国内最大のビッグイベント、メンズQS6000、ウイメンズQS3000の一宮千葉オープンに向けて、選手たちも徐々に千葉入りを果たしているようだ。



屋根に分厚いコフィンケースをたくさん積んだ車とかがちょいちょいみられるので、海外からの選手たちもボチボチ日本入りしているんだと思う。
会場の志田下のフリーサーフィンも日に日にレベルアップしてきている感じ。海外のQSを中心に戦っている日本人選手たちも続々帰国、千葉入りしているようで、大原洋人、仲村拓久未、村上舜、稲葉玲王、新井洋人、などなど、普段見かけない顔もいて、志田のラインナップはにぎやかだ。



今朝はウイメンズディフェンディングチャンピオンの野呂玲花の姿も。

今週末には日本人だけのトライアルラウンドが行われ、ラウンドオブ144のスポットを目指して、シードの足切りで入れなかった日本人選手たちが戦う。

ビーチの整備も進んでいて、ここ数日、打ち上げられた砂を重機で清掃がてら海に戻すという作業をしていた。上手く砂が動いてサンドバーになってくれればいいんだけど……
エイドリアーノ・デ・スーザ、スチュアート・ケネディ、カノア・イガラシ、レオナルド・フィオラヴァンティ、イーサン・ユーイングなどのCT選手もエントリーが確定しているので、レベルの高いサーフィンが見られそうだ。



昨年同様BCMも現地にブースを出すので、ぜひ観戦にお出かけください。


F+(エフプラス)公式サイト
http://www.fplussurf.com/



過去のコラム一覧をみる

※当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等を禁じます。

関連キーワードで他のニュースを探す

F+ エフプラス つのだゆき WSL Ichinomiya Chiba Open 志田下