【WSMコラム】サメの話題が後を絶たない南カリフォルニア:サメ出没時の警告を確認 | サーフィンニュース BCM

TOPNEWS > コラム特集
NEWS / BCMサーフィンニュース

コラム特集

【WSMコラム】サメの話題が後を絶たない南カリフォルニア:サメ出没時の警告を確認


カピストラノビーチに出没したホホジロザメ via OCSheriff’s Facebook


ここ最近、サメの目撃談といった話題が増えている南カリフォルニア。4月終わりには、トレッスルズのチャーチにて、シャークアタックも発生しています(幸いにも被害者の命に別状はありませんでした)。

5月10日(水)には、カピストラノビーチで約15匹のホホジロザメ、ロングビーチで10匹のホホジロザメが目撃されています。
オレンジカウンティ保安局がヘリコプターから撮影したカピストラノビーチの様子は上記の通り。

夏休みも少しづつ迫ってきていて、今年は南カリフォルニアトリップを考えている方もいると思いますが、気になってしまうのがサメの存在。
サーフィンで海に入る以上、サメに遭遇する可能性は排除できないのですが、予め覚えておくべき情報などはあります。その一つが、ビーチに立てられているサインボードの意味。

先日10匹のホホジロザメが目撃されたロングビーチでは、サメの出没に応じて、3種類のサインボードがあるそうです。それが以下のボードとなります。


via Long Beach Fire (CA)’s Twitter


■ADVISORY - 注意報
アグレッシブ(攻撃的)ではないサメが目撃された場合

■WARNING - 警報
アグレッシブな可能性を秘めたサメが目撃された場合

■CLOSURE - ビーチ閉鎖
シャークアタック発生後、またはアグレッシブなサメが目撃された場合

表記が英語なので、意味が分からないと無駄に不安を掻き立てられてしまうこともあります。事前にサインボードの意味を確認しておけば不安を一つ取り除くことができるので、是非とも覚えておいて下さい。

参照記事:「25 great white sharks spotted off Southern California coast


World Surf Movies
http://world-surf-movies.com

★BCM限定コラムのバックナンバーはコチラ

※当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等を禁じます。

関連キーワードで他のニュースを探す

World Surf Movies シャークアタック